さまざまなスタイルの種類でいざという時に便利なキャップ

オレンジ色のキャップをかぶった女性

いざという時に誤魔化しが効くキャップ

帽子をかぶった男性の絵

最近では派手目のファッションよりも少し落ち着きを感じさせる印象を受けるファッションをした若者が多く目立ちます。一昔前は派手目なファッションでアメガジ系ならアメカジのみを着飾りアメカジ感をアピールしていました。今ではロックっぽい印象を受けるジャケットにアメカジテイストをプラスしミックスしたファッションが多いと感じます。女性のメイクも大人っぽく、シンプルで落ち着いた印象を受けます。
落ち着きやバランス力を感じさせる現代のファッションによく取り入れられているのがキャップです。大人っぽいにキャップを取り入れることで子供っぽさをプラスし、大人っぽさの中に余裕を感じさせることができています。この余裕こそが大人っぽさの表れで良くバランスが取れ表現しているなと感じます。
特にデニムとキャップの合わせ方は一昔前のゴリゴリのアメカジを思い浮かばさせるような雰囲気になってしまいますが、今のデニムのデザインがアメカジの印象だけではないので安心して現代風に合わせる事が可能です。今は〇〇系と形のある何かと言うよりもバランスのとり方の上手さがセンスをあげるコツと言えるでしょう。そこでどんなアイテムにでもバランスをとる事ができるのがキャップでしょう。

合わせる事が難しいと言われるキャップ

キャップにもいろんな種類があります。こんな小さな世界でも様々な表現があり選ぶのも難しいと思います。今までのキャップの印象は子供っぽさや、手抜きを感じさせるような印象が残り中々手を出すのが難しいと感じる方もいらっしゃったんではないでしょうか。
私もそのうちの一人でした。服を着るとき、まずは、もちろん服から着るためキャップに合わせた服ではなかったんですね。その為、着ている服とキャップとの整合性が取れずキャップが浮いていたり、服のセンスの割に何でそのキャップ?と疑問が浮かんだりとキャップの合わせ方には非常に困っていました。かと言って無地のキャップを被ると近所のガソリンスタンドのおっちゃんみたいになってしまいキャップを買って被って外に出ると言うところまでに至はしなかったです。
そんな中、最近の流行りのファッションが非常にシンプルで大人っぽくなっていっており、これはいよいよキャップには手を出せないぞ、と思っていましたがキャップも大人っぽい印象を受けるアイテムが増えて着たと感じます。キャップはアメカジのイメージなども強かったので形に満足が行かなかったり、自分の顔の形に合わないと感じたりしていましたが、今のキャップは着ている全体の服に合わせたデザインをしており、時代と共に設計されている感じがして今のファッションと非常に相性が良く、ようやく大人の余裕を感じさせるキャップを手に入れる事が出来ました。

あったら便利な万能キャップ

今の時代のファッションの中心はシンプルというところでまとめられると感じています。今までのファッションは派手目なアピールを中心とし目立ちたいがためのファッションが中心だったために少し痛い人も見受けるほどでしたが、最近では痛い人を見るのがだいぶ減りました。特に最近よく見るアイテムの一つでもあるキャップです。
キャップが似合わないから、と買うのを躊躇したり試着にも及ばないということも多々あるのではないでしょうか?ですが今は全体的なバランスを考慮しキャップを購入するような流れに移行しているように感じます。キャップが似合わないから、と言うわけではなく、服装でバランスを保ち、キャップを被っても似合う似合わないではなく全体的なトータルバランスから合わせて行きます。
なので顔を中心としたキャップの合わせ方から、全体的なトータルバランスを中心とした合わせ方へ移行し、服装とキャップを合わせることで全体的に馴染ませる事でどんな人でもキャップを被りやすくなります。特に最近のキャップは形も綺麗でシンプルなので長く付き合っていけるかと思います。どんなスタイルにでも全体的なトータルバランスから合わせる事でバランスの取れたスタイルを構築できます。

キャップはかぶるだけで手軽なユニフォームになる

プロ野球の選手は、試合のときにユニフォームを身につけています。選手たちはお揃いの衣服であるユニフォームを着用することによって、チームとしての一体感を高めているのです。でもユニフォームは値段が高いです。例えば野球のユニフォームはシャツ、パンツ、キャップの三点セットでチーム名などを入れると安くても8千円は超えてしまうようです。しかも、洗濯のための予備をも買うとなると単純に考えてその2倍のお金が掛かってしまいます。野球に限らず誰でもが気軽に加入できるサークルや同好会ではとてもそんなにお金を掛けられません。だからと言って安上がりのユニフォームでは物足りなさを感じざるを得ないでしょう。それでは、キャップだけでも同じデザインのものにするというのはどうでしょうか。それだけでもチームの一体感が出てくるのではないでしょうか。ついでにキャップに刺繍を入れるというのはどうでしょうか。そうすれば高級感が出てきます。ところでそのようなキャップはどこで買い求めればいいのでしょうか。ほとんどの場合、ユニフォームとしてのポロシャツやTシャツを作っている業者がそのようなキャップを取り扱っています。値段の方は、プリントや刺繍がなければ多くの場合税込みで千円もしません。ただし高いもの、特注品の場合には3千円以上することもあります。